ジャイアンリサイタル・心の歌リスト

【リサイタル・リスト】

てんコミ タイトル

リサイタル名

日時など
8巻「キャンデーなめて歌手になろう」 「みわくのリサイタル」 8月13日午後3時~ いつのも原っぱで。チケットに「リタイサル」なミスあり
10巻「おそだアメ」 「ジャイアン大いに歌う」 空き地で3時間の大熱唱。「おそだアメ」効果により真夜中に再現される
14巻「念録マイク」 不明 ジャイアン宅にて。風邪のため、テープによる口パク。百曲以上の予定だったが、猛烈なヤジのため中止?
16巻「音のない世界」 「ジャイアン心の歌
天才歌手 剛田武リサイタル」
「音の無い世界」なので、文字で書くリサイタル。のび太曰く「ひどい歌は字を見ただけで寒気がする」とのこと。どんな字なんだ
24巻「ジャイアンリサイタルを楽しむ方法」 「ジャイアン激唱」 午後3時開演。のび太とドラえもんは「ジャイアンの歌中毒」になり、2時間のリサイタル後もアンコールを続け、ジャイアンに「かんべんしてくれ」といわしめる。
28巻「地平線テープ」 なし 異次元世界で即興リサイタル。「リサイタル開いても誰にも迷惑かけない」迷惑と分かってんだ
30巻「ジャイアンテレビにでる!」 「ジャイアンビッグヒットショー」 午前3時~「あけぼのテレビ」にて全国ネット放送。のび太の先生が唯一歌を聞いて気絶。翌日のテストがお流れに
32巻「腹話ロボット」 「剛田武の新曲発表リサイタル 歌えジャイアン」 午後4時開演。場所は空き地。招待状には「欠席した者はぶんなぐる」という脅し文句が
33巻「フィーバー! ジャイアンF・C」 「世紀のビッグスター ジャイアン チャリティーコンサート」 「ジャイアンファンクラブ」発足記念コンサート。
10月15日午後3時、空き地で開演。
なんと有料!梅席50円、松席20円、竹席10円。なんのチャリティーか気になる
38巻「またもジャイアンコンサート」 不明 ジャイアンが悩みを激白。「はっきりいって、おれのコンサートはもうひとつ人気がない。」 ・・分かってるんだね。
39巻「ジャストホンネ」 「ジャイアンコンサート」 ジャイアンのかあちゃんの一喝「近所めいわくな歌はおやめといってるだろ!!」で中止。
40巻「ふつうの男の子にもどらない」 「さよならコンサート」 午後3時から空き地にて。引退コンサートのはずだったが、 「惜しい」「辞めないで」といわせ、しぶしぶカムバック宣言をして人気を引きとめようとする作戦であった。
41巻「恐怖のディナーショー」 「おまちかね!ジャイアンディナーショウ」 8月10日午後5時より空き地にて。ついにディナーショーに発展した。松席100円、竹席50円。ジャイアンのスペシャル料理つき。のび太とドラえもんはチケットをさばくよう命じられる
43巻「かしきり電話」 不祥。 雨天のため空き地での開催は中止。会場は最終的にジャイアン宅。客はかあちゃんとジャイ子

【歌にまつわるハナシ】

てんコミ タイトル

状況

8巻「キャンデーなめて歌手になろう」 テレビ番組『スターになろう』出演。全国のテレビを故障させ、また多くの人を病院送りにした。
11巻「ジャイアンの心の友」 ノビタレコードより『乙女の愛の夢』というタイトルで発売。ポスターには「大型新人あらわる!! 剛田武があまくせつなくうたいあげて・・ヒット中!!」という大層なコピーが。「爆発的売れ行き」(ジャイアン談)だった
13巻「いただき小ばん」 公園のベンチで歌のけいこをするジャイアン。ジャイアンの尻にはりついたのび太「うええー」
18巻「スパイ衛星でさぐれ」 朝9時~夜9時まで、「堂々12時間」のリサイタルを行う計画が密かに計画されていた。未遂
23巻「驚音波発振機」 「驚音波発振式ネズミ・ゴキブリ・南京虫・家ダニ・白アリ退治機」という道具で、ジャイアンの歌を有害音波として野比家のネズミ退治を行う。味をしめたのび太は「のび太消毒社」を作り、例によって商売に。100円でジャイアンの歌を害虫退治に利用する。静香やスネ夫がこのサービスを利用。しかし、ジャイアン本人からの害虫退治の依頼が・・・
23巻「ハッピーバースデー・ジャイアン」 6月15日、ジャイアン宅で。ジャイアンの誕生パーティーにて、余興(おきまり)で歌う。
歌詞:「おいらの~胸の心のせつなさよ~♪雨がふれば~胸の心の頭もぬれるよ~」 どんな歌詞だよこれ。
27巻「職業テスト腕章」 学校で夢をかたる。ジャイアン「おれ 絶対に歌手になって、大賞をとって、紅白にでます。」
34巻「雨男はつらいよ」 「カラオケキング」にて山の中で百曲を熱唱。「晴男もつらいよ」
34巻「ひるねは天国で」 空き地で歌の練習。
35巻「ま夜中に山びこ山が!」 空き地にて台風が荒れ狂うような3時間のリハーサル。真夜中にジャイアン宅に「歌のやまびこ」が響く・・・・
39巻「ジャイアン殺人事件」 音楽学校の教頭が、「こんなに下手なヤツでもうまくなれる」という宣伝における「音痴の好例」としてジャイアンの歌を録音していく。ジャイアンはもちろん自分の歌が認められたものと勘違い。メジャーデビューの日を夢見るが。
41巻「つづきをヨロシク」 空き地で歌の練習をするジャイアン。スネ夫は無理矢理「拍手係」にさせられる。
41巻「時限バカ弾」 空き地でスネ夫に新曲を披露するジャイアン。
歌詞:「おいらの~胸の心はよ~ 星に流れて~ よぎりの~ むせぶよ~」「お~~ あの子は 二度と帰るぞ~」間違いなくジャイアンの作詞だろう
43巻「へたうまスプレー」 「ジャイアン音楽院」という名前だけはたいそうなモノを設立、ついに「後継者育成」の道へ。ジャイアンは「世界的アーチスト剛田武」と名乗る。生徒はとりあえずのび太。
歌詞:「おいらの~ ハ~トの心は~ きみの~ひとみのまなこに~」続くのび太に「オンチ!」の一喝 オンチの基準をしりたい
43巻「食べて歌ってバイオ花見」 のび太の部屋で花見。ジャイアンがカラオケで歌う。野比家の壁にヒビが入る。

データにもどる