ARTICLE LIST

一日先生

最近は学生としての生活がメインなので教職としての感覚を忘れかけていたけど、昨日の火曜日、元職場のPreschoolで一日お手伝いしてきました。9ヶ月ぶりの職場復帰(一日だけだけど)!

半分以上は知っている子達なんだけど、向こうもなんとなく私のことを覚えている様な、いない様な、私を見て固まってしまったりしたのが面白いネ。きっと彼らの頭の中では「どっかで見たような・・・??」か「この人はたしか・・・えーっと・・・」といような分析になっていたんだろうと想像する。

というか、お母さん達の反応が子供と同じだったのがもっと面白かったかも。やっぱ固まってたし(笑)

単なるベビーシッターとは違って、もちろん久しぶりの仕事は疲れたことは疲れたけど、やはり現場にいるってのは(経験するってこと)は何よりの勉強だと思いました。この一日で机上だけでは学べないことを学んだ・・・というか、思い出した気がするよ。

というとカッコいいが、正直な感想としてはやはり「あーつかれた」に尽きる・・・

COMMENT LIST

Parsley URL 05/13/2006 02:12 Edit

記者Yさんのブログから遊びに来ました。
プリスクールの先生でいらしたんですね!お気持ちよくわかりました。私も実は専門が同じ分野だったので職場に対する誇りというのは共感出来ます。プリスクールへは上の子は3年間楽しく通いましたし、下の子も今お世話になっています。二人ともとても楽しんでいます(した)。みんな通えたらいいですよね。
それにしてもアメリカの教育予算不足は何とかならないものかといつも思ってしまいます。

ドラぱん URL 05/14/2006 01:10 Edit

Parsleyさん、わざわざありがとうございます。

先生としては、やはり「楽しく通った、通っている」と言われることは親からの最高の賛辞だと思います。

しかし月謝(?)は年々高くなるのも事実ですし、現実はつらいところですよね。。。子供二人同時に通わせたらと考えると、めまいを起こしそうです。('_')