ARCHIVES

ドラゼミ

ARTICLE LIST

オリンピックとメダルの数

かなり話題遅いですけど、オリンピック始まってましたね。

アメリカでは唯一、と言っても過言ではないほど、多くのアメリカ人も興味がある国際大会です(笑)

こういう時に普段は見ないようなスポーツを見るのもいいもんですね。てか普段は野球、バスケ、フットボール(アメフト)しか見ない典型アメリカンなんで(笑)あ、サッカーも最近は盛り上がってるようなので見てますが。

オリンピックで気になるのはやはりメダルの数?そればっかりじゃないのは確かだけど、勝たねば意味がない。アメリカでは、やはり「ナンバーワン」にならなきゃダメなんですよね。もちろん、学生スポーツではいろいろスポーツマンシップあるけど、これはオリンピックよ?国を代表して参加してるのよ?金メダル以外、何を目標に行くというの!

と、力説しましたが、実はアメリカの「メダルランキング」はしっかりトータル数です。金メダルの順番ではありません。だから、日本も金は少ないかもしれないけどアメリカ的ランキングでは悪くないですよ、今日の時点で3位じゃないですか。
(Image File 596-1.png)
ほらね。

ピンク・ピンク・ピンク

(Image File 590-1.jpg)

今月は「ピンクリボン」の月です。乳がんの啓発キャンペーン月間とか訳すんですかね・・・

NFL(プロのアメフト)はこの運動に非常に積極的で、こんな風に選手も、コーチも、審判も、みんなピンクを身につけます。

わがサンフランシスコ・49ersもご覧の通り。靴、手袋、リストバンド、タオル、・・・アメリカではまさに「男の中の男のスポーツ」であるフットボール選手がこのようなピンク(しかもけっこうなショッキングピンクよね)を身につける・・・効果は絶大だ。たぶん。

もちろん相手選手(この日はフィラデルフィア・イーグルス)も。

そういえば前にMLB(プロ野球)もそんなキャンペーンしたときは「ピンクのバット」とか使ってたっけ。

なんにしても、どのリボン活動にしても、思いが届くことを願って。

今年はマシになってた

(Image File 580-1.jpeg)

今年の独立記念日専用のMLB帽子。昨日の記事の(つまり去年の帽子)に比べると赤が増えて、真っ白よりはいいか、って感じに。

そして独立記念日の夜はふけていく

前回の記事は7月4日の朝でしたが、今は夜。
Daylight Saving Time(サマータイム)を用いてるだけに夜9時までも薄明るいこの時期、花火も夜9時過ぎに始まるわけで。

明るさよりも霧が心配されてた、夏は霧の街・サンフランシスコ。
でもなんとか花火が打ち上げられるダウンタウンの方は晴れてたみたいね。
(Image File 579-1.jpeg)
去年は翌日日本に行くための準備しながらテレビで花火見てたっけね。

今年も結局はテレビでなんだけど。

どこの街も、誰でも、アメリカ人はこのアメリカの誕生日を祝います。
昼はバーベキューをして、夜は花火を見て。

私立の学校は知りませんが、公立学校ではどこの学校でも小学校までは毎朝ホームルームの教室で、教室に掲げられている星条旗に向かって胸に手をあて、いわゆる「忠誠宣言」てのをやります。平たく言えば「私は、アメリカ合衆国に忠誠を誓います」って内容です。毎朝です。そして一日が始まるわけです。

結局アメリカは多種多様な人種や民族の集まりですから、「自分はアメリカ人である」という認識はそれぞれの気持ち次第なのです。日本ではちょっと敬遠されがちな習慣かもしれないけど、結局は色々もめててもみんなアメリカ人はアメリカを愛してる。それだけの事なんです。でも「それだけの事」がつまりは一番大事なんじゃないかと・・・国家ってそういうもんだと私は思うわけで。

アメリカ人が胸に手をあてて見上げる先は国歌を歌う人とかじゃなく、いつでもアメリカ国旗です。公立学校の毎朝、プロスポーツの試合の前(シーズンの全試合)、高校スポーツの試合の前にでさえ。「あの旗に忠誠を誓う」ってトコですかね・・・わかりますかね、このアメリカ人の心理。

・・・まあ結局は・・・「アメリカ人はアメリカを愛してる」

・・・それだけのことです。

HAPPY FOURTH OF JULY!

HAPPY FOURTH OF JULY!

(Image File 578-1.jpg)
アメリカ235回目の独立記念日。そして今年のgoogleロゴ。

西から東、北から南のアメリカを表現してますな。
サンフランシスコは当然、ゴールデンゲート・ブリッジで登場。
ロサンゼルスはどこ?あはははは

今日は、どのMLB(野球)の試合でもチームロゴを星条旗でかたどった帽子でプレイ。
どのチームのカラーともニュートラルな白いダサイ・・ではなく白い帽子でプレイ。

こんなの(Image File 578-2.jpeg)ちなみに普段の(Image File 578-3.jpeg)

Valentine's Day

基本的にイベントごとにそこまで金と労力をかけるのは好きじゃないんで・・・
ま、いつもどおりそれなりの食事して、もらう物もらって(笑)
(Image File 570-1.jpg)(Image File 570-2.jpg)ケーキはともかく、花はまず基本。あとちょっとしたプレゼント。愛情いっぱいでしたよ。

予想してたわけじゃないけどサンフランシスコも天気が悪いから、家でワインなんか飲みつつのんびり。まあ月曜日ってのもあったからなんだけどね。

日本の人のブログなんかはもう「友チョコ」なる物を作るのにうんざりするお母さん達の苦労話、配る為に運転させられるお父さんの愚痴まであって、それはそれでおもしろい。(他人事)

なるほど、お菓子だし学校には持っていけないわけね、だから家にまで配るわけか。そこらへん、アメリカと違って興味深いっすね。

私もこの時期、プリスクール教諭時代はたんまりもらったねー、子供達もハロウィン並みに大量のお菓子をもらえて嬉しそうだったよ。
クラスメイトにって意味ではいわゆる「友チョコ」なんだろうけど、手作りしなきゃという感覚はあんま無いから少し楽よね、ちょいとカードと2、3個ほどのお菓子の詰め合わせくらいあげりゃいいんだから(笑)

クリスマスディナー

そして昨夜(25日)は、つれあいの家でのクリスマスディナー。

ローストビーフ。
(Image File 559-1.jpg)ただし私は脂身は食べられないので、切り分けて肉の部分だけ頂きました。

ブッシュ・ド・ノエルのケーキ。
(Image File 559-2.jpg)ただし私は生クリームはちょいと苦手なので、まわりのクリームを削り、チョコ味のスポンジだけ頂きました。

こんな食べ方ばかりだけど、今年も満足なディナーでしたよ♪

50年ぶり

(Image File 529-1.jpg)

土曜日に大学バスケの試合見てきました。
つれあいの母校であるUniversity of California, Berkeley (CAL)の試合。
日本じゃ大学バスケって言えば同じUniversity of Californiaの弟校であるUCLAが有名らしいが、今年はどうしたのか調子が悪い。そこにつけ込んで・・・ではなく、UCの名誉の為に(??)今年は兄貴が頑張っている。

生でスポーツ観戦って野球くらいしか見たことなかったんだけど、最近バスケ観戦が面白い。野球とはまた違うスポーツの面白さがいい。

フットボールもそうだけど、アメリカの大学スポーツはプロに負けない、いや、もしかしたらそれ以上に熱いから面白い。

そんなわけで今日勝てばどう説明したらいいのか分からないけど、カンファレンスというリーグみたいな物で優勝する試合だった。

勝った。50年ぶりだと。弱かったんだなあ、兄貴。

全国レベルでの試合はまだまだこれからだが・・・とりあえずもうちょっと頑張れよ!

Valentine's Day 2010

(Image File 528-1.jpg)

今年も、バレンタイン。

毎年どこか夕方にバーとか行って、夜に家でワインとケーキでってパターンかな。

今年はなんとValentine's DayはChinese New Yearと重なっててなんかあちこち混みそうだったから先週軽く外で飲んで、今年は家でワインで乾杯。日曜日だし、しかも明日の月曜日はPresidents' Day(大統領の日?)で休みなのでなんだかのんびりしてていいね。

やっぱりアメリカ人らしく、花とケーキとワインの大人な(?)バレンタイン。ついでにオリンピックも重なっているのでオリンピックのUSATシャツ着てるクマもおまけ(笑)

今も、ちょーっといいほろ酔い気分。
フレンチベーカリーで買った本場のGâteaux Chocolat、ハートのチョコレートケーキもワインに合っておいしかったー。

NBA FINAL

(Image File derekfisher.jpg)

NBAのFINAL見てます。
ロサンゼルスVSフロリダって言うなんていうか、関係ないというか、どーでもいい組み合わせなんだけどなんか見てるんだよなー。
普段あまりNBA見ないんだけど・・

特に生まれも育ちもサンフランシスコのつれあいは自他共に認めるLA嫌い故にひたすら"Beat LA!(ロサンゼルスを叩きつぶせ!)"を連呼してるし。とりあえず同じカリフォルニアなんだから応援しようよ。

まー私もべつにLAが勝とうが負けようが関係ないんだけど、Lakersの背番号2番、Derek Fisherという選手が好きなので。

今日は彼の土壇場の3点シュートで同点、延長に持ち込んで更に延長でも3点シュートを決めるなどの活躍でますますファンになったワ。

まー私は基本的にシブいオヤジ(少なくともNBA選手では年くってる方なのでこう呼んでるが・・74年生まれの選手会会長だし)が好きなので頑張って活躍してる彼らを見てると応援したくなるのよね。

まあ結果的にどっちが勝ってもいいんだけどDerekには頑張ってほしいのだ。

写真はまさに同点の3点シュートを決めるオヤジ(くどいようだけどまだ34歳)

彼についてはこちら(Wikipedia)

NEXT