ARTICLE LIST

子供を相手にしていて思ったこと

職場にもベビーシッターしてる子にもいるけど、オモチャをバンバン放り投げたりする子っているのよね。もっと最悪なのはそれで人叩くことなんだが(笑)電車の線路(のパーツ)まで銃だか剣に見立てるんだからすごいワ。そういう子って自分の素手では痛いって学習してるのか知らないが、しっかり凶器を持ってブッ叩いたりするもんだから、いやーつくづくオモチャってのは頑丈に出来てるもんだと思ったわけで。長いものは何でも剣か銃になる。

つまり「壊れて遊べなくなっちゃうよ」という大人の話なんか聞いちゃいない。「壊れないもーん」と思ってるのか、「また買ってもらうもーん」と思ってるのか知らないが。

だから大人としてはもっと注意深く見ていなくてはならないという仕事と責任は増えるが、子供用玩具ってのはちょっと投げたらすぐぶっ壊れるくらいが教育上いいんじゃないかと思ってしまう。

まあ、ほんとはすぐ直せるけど、一見バラバラに壊れてしまったかのような感じにさ。それなら安全だ。「もう投げないってお約束したら、きっと明日直ってるよ」なんてのはどうかな?

人もオモチャも、ちょっと乱暴にしたらすぐ壊れてしまうってことを学ぶんじゃないかと。

そういう事で物を大事にする心も学んでほしいもんだ。

COMMENT LIST

COMMENT

投稿フォーム
Name
E-Mail
URL
Comment
Password(入力すればあとでコメントを編集出来るようになります)