ARCHIVES

過去ログ選択フォーム
表示ログ

ドラゼミ

ARTICLE LIST

そして独立記念日の夜はふけていく

前回の記事は7月4日の朝でしたが、今は夜。
Daylight Saving Time(サマータイム)を用いてるだけに夜9時までも薄明るいこの時期、花火も夜9時過ぎに始まるわけで。

明るさよりも霧が心配されてた、夏は霧の街・サンフランシスコ。
でもなんとか花火が打ち上げられるダウンタウンの方は晴れてたみたいね。
(Image File 579-1.jpeg)
去年は翌日日本に行くための準備しながらテレビで花火見てたっけね。

今年も結局はテレビでなんだけど。

どこの街も、誰でも、アメリカ人はこのアメリカの誕生日を祝います。
昼はバーベキューをして、夜は花火を見て。

私立の学校は知りませんが、公立学校ではどこの学校でも小学校までは毎朝ホームルームの教室で、教室に掲げられている星条旗に向かって胸に手をあて、いわゆる「忠誠宣言」てのをやります。平たく言えば「私は、アメリカ合衆国に忠誠を誓います」って内容です。毎朝です。そして一日が始まるわけです。

結局アメリカは多種多様な人種や民族の集まりですから、「自分はアメリカ人である」という認識はそれぞれの気持ち次第なのです。日本ではちょっと敬遠されがちな習慣かもしれないけど、結局は色々もめててもみんなアメリカ人はアメリカを愛してる。それだけの事なんです。でも「それだけの事」がつまりは一番大事なんじゃないかと・・・国家ってそういうもんだと私は思うわけで。

アメリカ人が胸に手をあてて見上げる先は国歌を歌う人とかじゃなく、いつでもアメリカ国旗です。公立学校の毎朝、プロスポーツの試合の前(シーズンの全試合)、高校スポーツの試合の前にでさえ。「あの旗に忠誠を誓う」ってトコですかね・・・わかりますかね、このアメリカ人の心理。

・・・まあ結局は・・・「アメリカ人はアメリカを愛してる」

・・・それだけのことです。

HAPPY FOURTH OF JULY!

HAPPY FOURTH OF JULY!

(Image File 578-1.jpg)
アメリカ235回目の独立記念日。そして今年のgoogleロゴ。

西から東、北から南のアメリカを表現してますな。
サンフランシスコは当然、ゴールデンゲート・ブリッジで登場。
ロサンゼルスはどこ?あはははは

今日は、どのMLB(野球)の試合でもチームロゴを星条旗でかたどった帽子でプレイ。
どのチームのカラーともニュートラルな白いダサイ・・ではなく白い帽子でプレイ。

こんなの(Image File 578-2.jpeg)ちなみに普段の(Image File 578-3.jpeg)

藤子・F・不二雄ワールドの閉鎖

F先生の公式サイトである藤子・F・不二雄ワールドが閉鎖されてしまいます。
こんなメルマガが来ました。
(Image File 577-1.jpg)
なんだかさみしい。
ドラえもんチャンネルはもうまったく面白くないし、なんだかのんびりコミックス画っていうのか原画っていうのか、とにかくアニメ柄じゃないから良かったのになあ・・・

なぜミュージアムが開館すると公式サイトが閉まるのかよく分からない。このミュージアムのサイトが同じくらいのインフォメーションとかメディア関係のサービス(デスクトップパーツとか・・)くれるのか?それならいいけど。

このドラブログのブログパーツもなくなっちゃのねえ・・・

Jason Kidd

(Image File 576-1.jpg)

NBA(プロバスケ)のファイナルが終わりました。
今年は、ダラス・マーベリックスという、ダラスのチームが優勝しました。全然説明になってないけど、つまりテキサスのチームです。初めてだそうで。

ま、例によって私の地元・サンフランシスコにはNBAチームはなく、ベイブリッジむこうのオークランドにあるチームを応援するしかないけど、ここはここでファイナルとは無関係・・・とまでは言わないけどちょっと優勝の期待は持てないので今年ものんびり無関係ヅラで見てたわけで。

以前もNBAならLA レイカースのDerek Fisherってプレイヤーが好き、と彼を応援ついでに見てたわけだけど、今回もマーベリックスにはJason Kidd(ジェイソン・キッド)というお気に入りのプレイヤーがいるので、彼を応援がてらマーベリックスも応援。(写真の人)
彼も今年38歳。Derekも37歳。私もつくづくシブいオヤジ系が好きなのよね(笑)

今回はつれあいもジェイソン君を応援。なぜならジェイソン君はCAL(UC バークレー)出身。つまり、つれあいと同じ大学なので。年ながらなかなか活躍もして、満足満足。

前回話したCALの大学野球もなんとカレッジ・ワールドシリーズに進出!!
ワールドシリーズと言いながらなぜか8チームも進出してるんだけど、リーグなのかしらね?いまいち分からないが、応援しなくては!

大学野球

正直、私は野球は好きだけどプロ野球以外はあまり興味ないのです。

だけど、やっぱ母校が勝ち進んでいる、というのは応援したくなるよね。
私の母校じゃないけど。

てなわけで、つれあいの母校であるUC Berkeley(CAL)の野球チームがそれなりに勝ち進んでいるらしいので、応援に行ってきました。

場所はサンフランシスコから車で1時間弱のサンタクララというとこ。

しかし

チケット完売。しかももう前の日に。

・・・・・・

ちょっと大学野球を甘く見てたわね、こんな人気だったんだ(笑)
フットボールやバスケ並みじゃあないとは確信してたけどね・・・

「え、売り切れ??マジ?」な人、他にもけっこういっぱいいた。だってめっちゃ小さい大学のグラウンドで、1500人くらいの席しかないって。

そりゃー売り切れるわ。

しょうがないので、せっかく来たからちょっと外の金網からのぞく。(Image File 575-1.jpg)試合前。

周りの同じくスタジアムに入れなかった人々(ほとんどCALファン)とともに観戦。マスコットはゴールデン・ベアース。つまり金熊。(Image File 575-2.jpg) Go Bears! Go Bears! 2回ですでに3-0!

と、ここまで見て、ちょっと見づらい上に立ち見状態で疲れたので(試合前30分くらい前からいたから)、帰って来た。

帰ってから見た結果は7−0で勝利。

まあ、前半のいいトコしっかり見てタダ見としてはこんなもんね。

来年は、ちゃんと前売り券買って行こ・・・

道は一つとは限らない

(Image File 574-1.jpg)

以前、ドラえもんかき氷カップを紹介しましたが、やっぱアイスクリームじたいあんまり食べないのよね・・・

てなわけで、せっかくだからとシリアルボウルとして。

ドラえもんシリアル皿はこれも紹介済みですが、なんかこれはこれでゴージャスな気分(?)

ロサンゼルス・カリフォルニア その2

いつかLAに行く時に、と思っていたもの。
(Image File 573-1.jpg)(Image File 573-2.jpg)
野茂英雄のロサンゼルス・ドジャース時代のスウェット!

なんてったってロサンゼルス・ドジャースのだからね・・・ただでさえサンフランシスコじゃ着られない上に野茂ですよ。サンフランシスコでもどれだけ彼の事を覚えてる人がいるか分からないけど、野茂は何しろジャイアンツ相手にはめっぽう強かった。

だから、ジャイアンツファンにとって野茂はまさに"No more NOMO!" なのですよ。てかそう叫んだのは当時のジャイアンツの選手だし。

てなわけで、本拠地LAでならおおっぴらに着られる、と、ジャンアンツ命のつれあいの不機嫌な顔を見ない振りして持って行ったわけだが。

暑くてとても長袖のスウェットなんか着ちゃいられねー。

LAは暑い。5月でこの陽気なら真夏はどうなんだ?うーん、行った事もあるけどいつも同じ事考えてた気がする。「早く涼しいサンフランシスコに帰りたい・・・・」と。

まあそんなわけで野茂のスウェットは着ないままだったけど、暑いながらもビーチでたぶんみんながイメージする「カリフォルニアのビーチ」は満喫しましたよ。ヤシの木、白く熱い砂。我々にはそんなの南カリフォルニアだけの話だって感じだけどね。いつも、サンフランシスコの冷たい風が吹きぬけるビーチばっかなんで。

ちなみに現在ドジャースの16番だけつけてると現在のドジャースのスタープレイヤーの事になります。

くそー、彼が活躍しすぎると野茂の16番の活躍がかすんでしまう・・・

ロサンゼルス・カリフォルニア

気がつけば2ヶ月以上もほったらかしでなにしてたのか・・・

ドラえもんと関係のある生活をしていたわけでもないし、まあ趣味に没頭していた、程度のコメントで。

その間にサンフランシスコ・ジャイアンツは出だしをしくじって往年のライバル、ロサンゼルス・ドジャースに負け越しをくらい、どうなるかと思ったけど今は1位に返り咲き。相変わらず拷問野球(自分で勝手に邦訳)だけど楽しんでます。

しかしその間にその敵地・ロサンゼルスに用事があったので車を片道7時間ぶっ飛ばして行ってきました。
(Image File 572-1.jpeg)
むかし、つれあいの日本人の知り合いが「LAX(ロサンゼルス国際空港)に着く予定なんだけど迎えに来てくれる?」とサンフランシスコ在住のつれあいにあっさり頼んだそうですけど・・。車で7時間ですよ?よく分からんけど東京ー広島間ぐらいはありますよ?無理。親兄弟でもやだよ。

日本人にとってはサンフランシスコーロサンゼルス間なんて東京ー横浜間とか大阪ー京都間な感覚なんでしょうなあ・・・

とにかく私はハリウッド、ユニバーサルスタジオなどのエンターテイメント系には全然興味無し。ディズニー系も興味無し。相変わらず、つれあいと大学巡りを楽しみ(合計4大学を訪問)、あと全米日系人博物館とかを見学して(初めてじゃないけど)、それだけで帰ってきました。

ロサンゼルスは(私には)つまらない。

さらにドラえもん尽くしの弁当を持たせる

(Image File 571-1.jpg)

以前、つれあいの弁当をドラえもん尽くしにしてる話をしたわけだが、さらに最近は飲み物もドラえもんボトルで。

前まで使ってた、つれあいの母校のロゴ入りタンブラーが安物のせいで・・・いや、使い込んでるからだろうけど壊れたって言うから。

ますますドラ尽くし。まあ車で通勤してるんだからいいじゃん。同僚達ももう慣れているはず(笑)

Valentine's Day

基本的にイベントごとにそこまで金と労力をかけるのは好きじゃないんで・・・
ま、いつもどおりそれなりの食事して、もらう物もらって(笑)
(Image File 570-1.jpg)(Image File 570-2.jpg)ケーキはともかく、花はまず基本。あとちょっとしたプレゼント。愛情いっぱいでしたよ。

予想してたわけじゃないけどサンフランシスコも天気が悪いから、家でワインなんか飲みつつのんびり。まあ月曜日ってのもあったからなんだけどね。

日本の人のブログなんかはもう「友チョコ」なる物を作るのにうんざりするお母さん達の苦労話、配る為に運転させられるお父さんの愚痴まであって、それはそれでおもしろい。(他人事)

なるほど、お菓子だし学校には持っていけないわけね、だから家にまで配るわけか。そこらへん、アメリカと違って興味深いっすね。

私もこの時期、プリスクール教諭時代はたんまりもらったねー、子供達もハロウィン並みに大量のお菓子をもらえて嬉しそうだったよ。
クラスメイトにって意味ではいわゆる「友チョコ」なんだろうけど、手作りしなきゃという感覚はあんま無いから少し楽よね、ちょいとカードと2、3個ほどのお菓子の詰め合わせくらいあげりゃいいんだから(笑)